Last updated20.12.2

 


赤塚トンボ池の渋柿
草や木の実と野鳥
(記事を会報『みずみどり』141号で読む)

12月-令和3年2月 活動のお知らせ詳細はこちら
・・・・
 
12月日暮台公園樹林地の観察
        
     12月6日(日) 10:00〜11:30 日暮台公園前集合
    
   
    ● 赤塚城址自然観察会

      12月13日(日) 午前10時〜11時30分 

       集合場所:板橋美術館そばの赤塚トンボ池前
       参加費 :無料(保険には加入していません) 
       持ってくるもの:あれば双眼鏡、虫眼鏡、図鑑、虫よけ

    赤塚ビオトープ(赤塚トンボ池、バッタ広場)の手入れ
       集合場所:赤塚トンボ池(板橋美術館そば)


     12月26日(土)午前10時〜11時30分 

       
令和3年

 1月 ● 赤塚城址自然観察会

      1月10日(日)午前10時〜11時30分 
     

       集合場所:板橋美術館そばの赤塚トンボ池前
       参加費 :無料(保険には加入していません )
       持ってくるもの:あれば双眼鏡、虫眼鏡、図鑑、虫よけ

     ● 赤塚 ビオトープ(赤塚トンボ池、バッタ広場)の手入れ
       集合場所:赤塚トンボ池(板橋美術館そば)


      1月23日(土)午前10時〜11時30分 


 2月 ● 日暮台公園樹林地の観察
        
      2月7日(日) 10:00〜11:30 日暮台公園前集合



会報「みずみどり」
   ■最新号141号

   ■会報「みずみどり」バックナンバー



お知らせ
催しものやボランティア活動の紹介

ご案内
会のご案内や会則など

話題や情報
自然や活動の紹介
■いたばし・まちの環境発表会16.02
■「成増樹林地調査結果まとめ」12.05
■板橋の消失した森写真集
06.06

■バッタ広場がシェアリングアース協会会報に紹介されました 05.12
■カラスウリ 05.09
■昆虫の集まる花木は危険か 05.09
■バッタ広場に来た蝶と蛾 05.09
スーパー銭湯の地下水くみ上げ(288t/日)に対する板橋区議会への陳情書05.09
■植物は左利きが多い 05.07
■アメリカザリガニの疑問と勘違い・生き物のふれあいとは 
05.07

■ワタゲハナグルマについて 
05.07
■アメリカフウロウソウとゲンノショウコ 
05.05
■豆ちゃんカエル赤塚トンボ池から大量に上陸 
05.05

■ゴマダラチョウに会いに赤塚城址にでかけませんか 
05.03

■板橋で見られるヤドリギ 05.01
■白子川の湧水保全地域の署名活動について 05.01
■八つ当たり?された赤塚トンボ池がトホホ
05.0
1
■季節の観察メモ ネズミモチかなトウネズミモチかな
05.01

■種子の長い毛がおもしろいガガイモ(ガガイモ科)
04.11

■バッタ広場植生の変化に驚くばかり
04.11

■西台に残されていたシロヨメナの移植について
04.11

■フィールドワーク 「都市に残された自然を考える」
04.11


■ヒガンバナの謎
 04.09

■季節の観察メモ 飛ばし屋 クワクサ 04.09
■季節の観察メモ エノキグサ より確実に 04.07
■季節の観察メモクリの花 04.05
■バッタ広場は草原のビオトープ
■バッタ広場の移り変わり04.07
バッタ広場に生えてきた木 @、A04.0104.03
■コアシナガバチの観察日記04.07
■ニイニイゼミを聞きましたか04.07
■今年のカエル事情04.05
■松飾りと松の木について04.01
■さくらのはなし04.03
■クリに似て、クリでない03.11
■区立美術館周辺の湧水03.11
■和光市の宝<白子の湧水地>を保全し、次の世代に引き継ごう04.09

アメリカザリガニは凄い。

冬の夜に飛ぶ蛾

環境シニアスクール初級に参加して


「板橋のミツバチ」
千場英弘(99.11〜)

■  都会のど真ん中はミツバチのユートピア
■ 数年の異変
■ オオスズメバチへの対応
■ 都会のニホンミツバチの営巣場所
■ ミツバチの危険性
■ ハチはどんな時に刺すのか
■ 刺されて腫れるのは・・・
■他の生物とともに生活する空間

 

「なぜ生き物を放してはいけないのか?」
「草原ビオトープ(バッタ広場)」
「赤塚トンボ池」

 


■ 昔の赤塚の風景を聞く 00.03.24
■ 身近な森のこと00.03.24

■公園管理についての東京都への要望



ビジター# です。

 

ご質問、お問い合わせ、会へのご連絡メール